ソフトバンクグループが、中南米への投資を強化するため、現地のベンチャーキャピタルと協議していることが分かった。同社が率いる50億ドル規模の中南米ファンドによる投資を加速する動きとみられる。関係者3人が明らかにした。