中国通信機大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の社員がアフリカのウガンダやザンビア政府の諜報活動を手助けし、政敵を監視していたと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。